部下の育成、クライアントの成長に悩む社長、上司、コンサルタント に向けた自立型姿勢で生きるための情報を提供するブログです。 | 株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦公式ブログ

*

人を動かすことの本質〜自分の仕事に集中し本気を見せる

日本サッカー代表、ワールドカップ予選、10試合のうち、 5試合が終わり、

3勝1敗1分で、 現在6チーム中サウジアラビアについで2位。

%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%a0%b4%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%82%af%e3%83%ad

1/8夜中に、テレビ朝日系列でワールドカップ

サッカー日本代表 選手へのインタビュー番組が

放映されました。

清武弘嗣(27才)(リーガ・エスパニョーラ・

セビージャFC所属) と原口元気(25才)

(ブンデスリーガ・ヘルタ・ ベルリン所属)の

対談から番組はスタートしました。

 

昨年までの予選前半戦を見ている人は感じていると思いますが、

原口元気という選手は本当に攻撃面でも、守備の面でも 全身全霊を

込めた全力プレーをする選手で、チームを引っ張っていました。

 

わずか10分ほどの対談の中で、強烈に印象づけられたやりとりがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原口 「俺はチームを引っ張っているとは全く思っていない」

清武 「いや、ハッキリ言って、予選の前半はお前がチームを

    引っ張っているからね」

原口 「俺は、自分の仕事に集中しているだけ」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たったこれだけのやり取りです。

 

img_4955

しかし、人を引っ張るとか、人を動かすとか、人に影響力を

与える ためのもっとも重要なポイントがここに現れています。

 

本人が必死にやる。背中を見せる。

そしたら、その後で(ここ大事です)、メンバー(フォロワー)

が認めていく。

これがまさにリーダーシップ。

 

役職やポジション(※) とリーダーシップは関係ないんです。

※ポジションとは、サッカーのと言うよりキャプテンとか、副キャプテンということ。仕事なら部課長、係長など

『自分の仕事に集中すること』こそが大事だという点

この点がものすごく大事。

 

自分にリーダーシップがあるのかないのかは 指揮命令系統の下に

いない人の中で自分への応援団が どれだけいるかでわかります。

原口はキャプテンでも副キャプテンでもない。

しかし、清武が言うとおり、皆が認めている。 指揮命令系統下にないメンバーが認めている。

 

部下やメンバー(これをフォロワーという)が最初から与えられていて、

それを引っ張るのがリーダーではない。

 

想いを持ち、ぶれない軸を持ちながら目の前の仕事をこなし続ける。

行動をとり続ける。その結果、周囲の人間に影響を与える。

 

これがリーダーシップの本質です。img_4956

だから、役職やポジションを与えられていなくても

リーダーシップは発揮できるし、逆に言うと、役職や

ポジションがあってもリーダーシップを 発揮出来て

いない場合もある。これが実は多い。

社長だって、社長というだけで部下やメンバーが

たまたまいるに過ぎない。

 

社長だから仕事をしてくれいているのか、リーダーだからついていこうと

就き従ってくれているのか。

マネージャーとリーダーは異なります。

 

経営者、管理職、◯◯リーダーという役職などがついている マネージャーが

本当の意味での組織上のパフォーマンスを 最大化するには、

自分の軸をもって、「自分の仕事に集中する」。 本人が必死にやる。

その姿を見せることが必要です。

 

福島正伸先生による「リーダーシップ論」2/16(木)19時〜

原口元気が見せた、メンバーを結果として巻き込む リーダーシップの

本質をわずか2時間でお伝えします。

超人気コンサルタント養成講座 

今、本気で業績を上げなければならないと思っている方

今、本気で部署のメンバーがやる気を出してくれなくて悩んでいる方

今、本気で部下が自発的に仕事をするようになる方法が知りたい方

是非、ご参加ください。

部下の育成、クライアントの成長に悩む社長、上司、コンサルタント に向けた自立型姿勢で生きるための情報を提供するブログです。

株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦公式ブログ

Copyright© 株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.