部下の育成、クライアントの成長に悩む社長、上司、コンサルタント に向けた自立型姿勢で生きるための情報を提供するブログです。 | 株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦公式ブログ

*

イメージトレーニングだけでは目標は達成できない

4ヶ月で12kgの減少に成功

3月25日から減量スタートして、4ヶ月半。無理せず、76.9キログラム

から65キログラムへの11.9キログラムの減量成功しました。

(↑こちらが、今年の4月)

(↑こっちが、8月現在)

※余り変わってないじゃん、と思う方もいるかもしれませんが、

そこがポイント。身体の大きさや筋肉の大きさを変えずに10キロ

落とすのは至難の技です。

ダイエットではなく、あくまで減量です。しっかり筋トレして筋肉量を

落とさず体脂肪をできるだけ落とすというトライです。

この間にケガもありましたがある程度成功したかなと。

ライザップなど使わなくともライザップ以上の効果を出せたと思っています。

減量の目的は??

目的は3つ。

①ボクシングとキックボクシングを再度本格的に行い、

マスターズの大会に出て勝つこと。

②打撃系に総合も加えて、どんな状況でも闘える身体を創り上げること

③フィジークのマスターズ部門に出て勝てる身体を創ること

 

この辺りの目標は個人の価値観なので、全くもって理解してもらいたいなどとは

思っていません。逆に、ひかれるかなと思っています。そして、それで良いと。

目標や夢を実現するために大事なこと

言いたいことは自分の価値観ではなくて、目標や夢をどう実現するかということ。

 

目標を達成する時に大事なことは何か。

(1)有言実行〜周囲にコミットすること

(2)小さな目標を立ててコツコツ実行する

(3)記録をつけること(進捗が目に見えるように)

(4)意思に頼らない(環境を作り上げる)

(5)完璧主義に陥らない

この5つです。それぞれ、今後細かくお伝えしていきます。

 

イメージトレーニングや予祝、前祝いに頼りすぎるな

ここに、入ってないものがあります。達成した時の”イメージを持つこと”です。

いわゆるイメージトレーニングです。

悪いことではないと思っています。達成した時、どうなっているだろう。

みんなから祝福され、満足感、充実感に浸っている。

宝地図とか予祝とか前祝いなども、一定の効果はあると思います。

でも、優先順位が違う。

 

予祝とか前祝いとかを大事だと思って、それしかしない人は

目標や夢を達成できないと確実にそう思っています。

 

イチローや本田圭佑のようにある意味”予祝”的な作文の効果。

成功した人だけを捉えて、これらの作文があったから成功が

導かれたという人が多い。

でも、彼らがやっていることは夢を見ることだけではないです。

現実、沢山の人たちが作文を書いてますが、実現させていない事実に

フォーカスすべきです。

日々自分をコントロールするための心の強さと技術を試行錯誤して

身につけているということ。

だから、イメージを持つことで夢は達成できるという、

この手の自己啓発の考え方”だけに”影響を受けることは止めたほうが

いいと思っています。

 

夢は耽美で、目の前の障害の克服は辛苦

『人は夢をなかなか諦めない。でも目の前の小さな障がいの克服は

 簡単に諦めます。夢は耽美で、目の前の障害の克服は辛苦だから』

 

辛いことがあるからこそ、達成した時のことをイメージするんだという

こともわかります。しかし、残念ながらそれだけでは目標は実現しません。

 

強制的に自分を目標達成行動に追いやる、そういう環境を作り出すこと、

有無を言わさずやらざるを得ない状況を作ることにもっともっと意を

払うべきだと思います。

キックのマスターズの試合で勝つ、フィジークの大会で優勝する、

もちろん具体的にイメージしてます。でも、そんなことは日々忘れています。

筋トレも、糖質制限もすべて習慣です。歯磨きと同じ。自分の神経回路を

作り直す作業を一定期間行えばいい。そうすればどんどん目標や夢に近づきます

 

夢は耽美で克服は辛苦、だからこそ、耽美な夢をずっと追い続けるも、

行動をせず、結局何も得られずに終わるという方が出る。

 

予祝とか前祝いの本の中にもしっかりと言い訳が書いてます。

予祝や前祝いをしっかりとしたのに夢が叶わない人と叶う人の違いがあると。

・自己肯定感が低い

・感謝が足りななかった

・本当の願いややりたいことじゃなかった

 

思ったとおり、やっぱり言い訳してるんだなと思います。

 

自己肯定感が低いままで、感謝なんかの気持ちがなくても、

そして誰かに言われた目標でも成功確率が90%以上という方法論こそ正しい

ことだと思っています(感覚的に言うと。。)。

 

コツコツ毎日やる、記録をつける、意思に頼らない、特に大事なことです。

 

今、自分は別事業で障害のある方の就労サポートの仕事もしています。

そこでは、利用者さんが就労に向けて皆さん目標に向かって努力されています。

そこの経営者であり責任者である自分が目標を達成することは何よりも

大事な見本であり、訓練のお手本になります。

自立型人材における見本を見せることにつながります。

 

本気で”減量”したい方には今後トレーニングサポートもしたいと思っています。

また、そういう情報もリリースします。

しばらくはこの体重で行き、足が治ったら再度キックボクシングとう総合参戦で

62キロ前後にします。

 

目標や夢を本当に達成できる目標実現方法については、

今後またブログで紹介していきます。

 

部下の育成、クライアントの成長に悩む社長、上司、コンサルタント に向けた自立型姿勢で生きるための情報を提供するブログです。

株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦公式ブログ

Copyright© 株式会社ジェニュインバリューコンサルティング 窪田克彦公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。