窪田克彦について

kubota中央大学法学部法律学科卒業後、人材ビジネス企業である株式会社東京リーガルマインドに入社。札幌支社長、兼執行役員として勤務し、札幌から那覇までの関東、関西以外の21道県をカバーするエリア事業部12拠点を統括。

自ら研修を行いながら当社の講師のクオリティを維持するために採用、育成も行う。また現場責任者として自らトップセールスとなり、北海道地区において就業支援ビジネスの構築を自ら行い(札幌市就業サポートセンター事業、旭川中小企業大学校等の民間受託等)名だたる全国展開上場企業との競争に勝ち抜き20億円以上の売上をもたらす。

独立後、中小企業基盤整備機構のプロジェクトマネージャーとして道内企業に対するコンサルティングを実施。自立型を中心とするコンサルティングにより継続依頼が絶えない。

2015年10月、これまでの営業経験、マネジメント、講師育成経験を活かし、「自らステアリングを握りしめてゴールを目指し北海道を活性化する人材を育成する」ために株式会社ジェニュインバリューコンサルティングを設立。まずは、「やり方」ではなく、最も重要な自立型人材としての「在り方」を学んで頂くために福島正伸先生をプロデュースする。